読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆーきまたたき

オフィス写真部 佑木瞬の写日記

いきたいところ


北海道で初雪の知らせを友達がぽつりぽつり書いてて、寒いんだろうけどあたたかい気持ちになりました。



うれしくなるんだよね。
なんでだろう。



でも初雪と聞いて思い出すのは雪虫だなー。


初雪が降る1週間くらいまえに出現する奴ら。
小さい身体に白いワタみたいなものをつけてふわふわと流れている様子はみんな勘違いするくらい雪みたいで。


ああ、そろそろ冬だね。


と実感するあの頃はたまらなく好きだった。



逆に言うと
道産子な私は雪で季節がわかってたのかもしれない。

雪が降る前が秋
雪で埋もれる冬
雪が溶けたら春
雪のない季節が夏




東京にきて数えればもう5年目だけど、雪のない冬は10月も11月も年末も私の中ではやっぱりピンとこなくて。
ハロウィンやクリスマスの装飾は鮮やかだけど無理矢理なイベント感に見えてしまって。


季節が、うまく消化できていかない。


だからなのか季節の変わり目は苦手だけど秋冬は特に体調のバランス、崩すなぁ。


頑固。



雪虫の季節に、当たり前にいたあそこには行きたい。
お正月でもお盆でもないなんでもない季節に。

あの空気を吸いたいなぁ、とはよく思う佑木のつぶやきでした。






にほんブログ村 写真ブログ 写真家・写真展へ






佑木瞬